Enjoy!-エンジョイダイビング!-

TOPダイビングスクールインストラクター・プロを目指す! > インストラクタートレーニングコース

スクールコース案内

インストラクター・プロを目指す!

インストラクタートレーニングコース(NAUI ITC)

NAUIインストラクターとして必要な知識・技術を習得するコースです。
NAUIダイビング基準に従って、スクーバダイビングを
インストラクションするための効果的な方法を身につけていきます。
ITCに合格すると、最終段階である
インストラクタークオリフィケーションコース(IQC)に推薦されます。
このコースを通して、同じこころざしを持った仲間たちと出会い、
ひとまわり成長した自分を発見できるはずです。

NAUI ITCでは、楽しいコースが開催でき、そして海を楽しめるダイバーを作れるようにと、
NAUIのダイビングインストラクションの練習をします。
また、NAUIインストラクターとして、スクーバダイバーコース以外も開催できるように、
各コース・プログラムの詳細についても学びます。
ダイビングインストラクションの習得・実践(ワークショップ/プレゼンテーション)
ITCでは、スクーバダイバーコースを実際にインストラクションしているというシミュレーションを行い、
スクーバダイバーコースを最初から最後まで実施します。
ITCの参加者は、インストラクター役、アシスタント役、スクーバダイバーコースのお客様役を
交代しながら、スクーバダイバーコースのクラスルーム(学科講習)、
コンファインドウォータートレーニング(プール実習)、オープンウォータートレーニング(海洋実習)を
セッションごとに、インストラクションの練習を繰り返し行います。
8日間のITCを終了すると、スクーバダイバーコースのインストラクションが一通り理解でき、
自分でインストラクションができるようになります。
また、これらの作業を通じて、NAUIのダイビングインストラクションの基本が身につき、
これをNAUIの各コースに応用することができるようになります。
スクーバダイバーコース以外も開催できるようになる
お客様がダイビングを上達して、もっともっと海を楽しめるようになるには、
アドバンススクーバダイバーコースなどのステップアップコースがとても大事になります。
NAUI ITCでは、スクーバダイバーコース以外についても、どのようなコース内容なのか、
お客様に伝えるべき大事なポイントはどこなのかなどを理解して、
適切にコース開催ができるようになります。
その他

・NAUIについて
・インストラクターとして必要なダイビングビジネスや
 法律に関する知識を身につける
・スクーバレスキュー
・筆記試験(技術とレスキュー/潜水器材/潜水環境/潜水物理/減圧/
 生理学/インストラクションの方法)

NAUI IQC への推薦
ITCが修了し全ての合格の要件を満たした場合に、NAUI IQCへ推薦されます。
NAUIインストラクターコース(ITC)参加条件
・NAUIリーダーシップコース共通参加条件を満たしていること
・現役資格を持つNAUIアシスタントインストラクターもしくは、NAUIダイブマスターの認定
(※マスタースクーバダイバー認定が必要となります)を受けていること
・NAUI CPR&FIRST AIDの有効資格、NAUIレスキュースペシャルティダイバーの資格認定、
 もしくは他団体の同等資格
・50回以上の潜水経験の証明
このページのトップへ
インストラクタークオリフィケーションコース
IQC(INSTRACTOR QUALIFICATION COURSE)
INAUIインストラクタークオリフィケーションコース(IQC)は、NAUI ITCに合格し、
担当コースディレクターより推薦を受けた参加者がインストラクター認定を得るための
最終評価コースです。IQC合格者は、晴れて“NAUIインストラクター”となります。
プレゼンテーションの実施とその評価
NAUIスクーバダイバーコースを適切に教えることができるかのチェックです。
参加者はNAUIインストラクターとして、指定されたテーマで、クラスルーム、
コンファインドウォーター、オープンウォーターのインストラクションを行い、
評価を受けます。
・クラスルーム(1テーマ)
・コンファインドウォーター(1テーマ)
・オープンウォーター(2テーマ)
(ブリーフィング、ディブリ−フィング含む)
筆記試験
ITCで実施した試験範囲、内容をもとに、インストラクターに求められる知識の再確認です。
・一般
・NAUI
・法的側面

ダイブマスターコース(NAUI ダイブマスター)

アシスタントインストラクターコース(NAUI アシスタントインストラクター)

このページのトップへ